88.AOBADAI

目黒区/2016

敷地は住宅と小規模店舗が混在する街の一角にあります。小規模な敷地であるために、効率的に住戸を配置し、かつ店舗と共存させる必要があるため、階段とエレベーター(コア)を中心とした計画となっています。コアを中心としてシンメトリーなプランとなっていることが、建物の外観にも明確に表現されたデザインとなっています。そのため、デザインのキーとなるのは階段です。階段をエキスパンドメタルで鳥かごのように覆い、住戸バルコニーの形状もシンメトリーを引き立たせるようにデザインされています。